2018.12.10 08:50

筋ジスの浜田奈那ちゃん(高知市) 電動車いすで運動会出場

自宅の近くを散歩する奈那ちゃんと母親の知加さん(高知市内)
自宅の近くを散歩する奈那ちゃんと母親の知加さん(高知市内)
自分で動き自信芽生え 専門家「就学前の助成必要」
 全身の筋肉が徐々に衰える難病「筋ジストロフィー」を患う高知市伊勢崎町の浜田奈那ちゃん(6)は、1歳半から電動車いすを使い始め、今年の秋には運動会にも出場できた。母親の知加さん(39)は「自分の意思で動けることで自信が芽生えてます」と成長を実感。障害児療育の専門家は「電動車いすは発達を支援する。多くの子どもが幼い時から使えるような制度が必要だ」と指摘する。

運動会で駆けっこに出場した浜田奈那ちゃん(今年10月、高知市の高知ろう学校=知加さん提供)
運動会で駆けっこに出場した浜田奈那ちゃん(今年10月、高知市の高知ろう学校=知加さん提供)
 小さな両手でレバーを傾けると、車いすがゆっくり動きだした。散歩中の犬、道端の花…。自宅の近くをお母さんと一緒に散策し、気になったものに近づいていく。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ