2018.12.07 14:45

高知県内初 あおり運転による暴行容疑で男摘発 県警高速隊

 高知自動車道で乗用車を運転中、約9キロにわたって女性の車に並走して進路をふさぐなどしたとして、県警高速隊は12月7日、暴行容疑で長岡郡大豊町内の会社員の男(21)を高知地検に書類送検した。同隊は「悪質で事故につながる危険性が高い」として、県内では初めてあおり運転に暴行容疑を適用した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ