2018.12.07 09:36

仏政府、パリに装甲車展開へ デモ暴力阻止で特別措置

 【パリ共同】フランスで続く燃料税引き上げなどへの抗議デモを巡り、フィリップ首相は6日、8日に予定されるデモで暴力行為の再発を阻止するため、全国に治安要員8万9千人を配置、パリに装甲車約10台を展開する特別措置を取ると明らかにした。同国テレビのインタビューに答えた。

 フランスのメディアによると、この装甲車がパリに展開されるのは、パリ郊外を発火点に国内各地で若者の暴動が起きた2005年以来。8万9千人のうち8千人をパリに配置する。警察への攻撃や破壊行為が多発した1日のデモの際は、パリの5千人を含め全国に6万5千人を配置した。
カテゴリー: 国際


ページトップへ