2018.12.07 08:40

「きんこん」ずらり 高知県香南市で村岡マサヒロさん作品展

子どもたちも大喜びの村岡マサヒロさんの作品展(香南市の野市図書館)
子どもたちも大喜びの村岡マサヒロさんの作品展(香南市の野市図書館)
 「きんこん土佐日記」でおなじみの漫画家、村岡マサヒロさんの作品展「きんこん・ピエーポの世界」が、高知県香南市野市町西野の野市図書館で開かれている。村岡さん思い出のネタや原画などが並んでいる。来年1月9日まで。
 
野市図書館の30周年記念イベント。会場には、手描きの原画とパソコン作業後の完成画や、あえて眼鏡やコンタクトを外して描いたユニークなイラストなどを展示。
 
 20代の頃、「最大の二日酔いで描いたネタ」や、うつぶせ寝で利き腕がしびれているときに描いた「ピンチに陥ったネタ」、旅先でなんとか電波が入る所を見つけて送信した「ドバイから送ったネタ」など、村岡さんの記憶に残るネタもピックアップ。エピソードとともに紹介している。
 
 今後も作品を追加予定で、村岡さんは「きんこんの歴史を振り返ったりちょっとした苦労話に触れてもらったりして、漫画家を身近に感じてもらいたい」と話している。
 
 午前10時~午後6時。月曜と13、25日、27日~1月4日は休館。(村中澄怜)
 
12月9日にイベント
 村岡さんと一緒にネタの出し方を学ぶ「お絵かきゲーム・マンガで楽しもう」が12月9日午前10時半~正午に開かれる。小学生以上が対象。問い合わせ、申し込みは野市図書館(0887・56・3434)へ。

カテゴリー: 文化・芸能香長


ページトップへ