2018.12.07 08:31

12/8から宮城で「新聞ばっぐコンクール」 高知県外では初開催

高知市で初開催された昨年の審査(2017年11月、高知市の県大永国寺キャンパス)
高知市で初開催された昨年の審査(2017年11月、高知市の県大永国寺キャンパス)
震災復興支援で協力
 新聞バッグの出来栄えを競う「しまんと新聞ばっぐコンクール」が12月8、9日、宮城県大崎市で開かれる。コンクールは2010年に始まり、高知県以外で開催するのは初めて。主催のNPO法人「RIVER(リバー)」(高岡郡四万十町)が、東日本大震災直後から新聞バッグ作りを通じ、東北の復興支援を続けている縁で実現した。同市の鳴子温泉を会場に、初めて出展作品の販売も行われる。

 新聞バッグは、海外輸出や復興支援などを通じて広まり、養成したインストラクターは国内外で500人以上に上る。コンクールでは、記事や広告の生かし方、機能性、折りの美しさなどを審査している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会


ページトップへ