2018.12.06 14:36

高知県室戸沖に2米軍機墜落 夜間訓練中接触 7人搭乗、2人救助

米海兵隊機が墜落した海域付近を捜索する海上保安庁の船=6日午前11時9分、室戸岬から約100キロ沖(共同通信社機から)
米海兵隊機が墜落した海域付近を捜索する海上保安庁の船=6日午前11時9分、室戸岬から約100キロ沖(共同通信社機から)
 12月6日午前1時40分ごろ、室戸岬から南南東約100キロの上空で、米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)に所属する空中給油機KC130とFA18戦闘攻撃機が訓練中に接触し、海上に墜落した。KC130に5人、FA18に2人の計7人が搭乗しており、うち2人を自衛隊が救助した。1人の容体は安定し、もう1人は確認中という。高知県沖では2016年12月にもFA18が墜落している。

 墜落場所は、防衛省中国四国防衛局から県危機管理部に入った連絡で「室戸岬沖の南南東約99キロ」付近とみられる。高知海上保安部によると、漁船への衝突など二次被害の情報は入っていないという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ