2018.12.06 08:33

高知県のごめん・なはり線新駅設置決定 あき病院前2021年開業

県立あき総合病院前の新駅設置場所(安芸市宝永町)
県立あき総合病院前の新駅設置場所(安芸市宝永町)
 高知県安芸市の県立あき総合病院前へ、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線(42・7キロ)の新駅設置が5日決まった。南国市以東の11市町村と県でつくるごめん・なはり線活性化協議会で、首長らが合意した。2020年度に本体工事を行い、2021年3月の開業を目指す。

 2002年開業のごめん・なはり線では初の新駅で、仮称は県立あき総合病院前駅。設置場所は、現在の安芸―球場前駅(1・5キロ)のほぼ中間点で、線路北側に駅舎を建設する。エレベーターも整備し、概算事業費は約1億5千万円。同病院へは徒歩3分ほど。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会安芸


ページトップへ