2018.12.04 14:35

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(43)さぬき愛護センター

来春オープン予定の「さぬき動物愛護センター」(高松市の公渕森林公園内)
来春オープン予定の「さぬき動物愛護センター」(高松市の公渕森林公園内)
香川県は新聞にも広告を打ち動物愛護を呼び掛ける(11月25日付の四国新聞)
香川県は新聞にも広告を打ち動物愛護を呼び掛ける(11月25日付の四国新聞)
あの手この手で成功へ
 高松市には、瀬戸内海の「猫島」で知られる男木(おぎ)島、志々(しし)島の合計約220匹すべての不妊手術を手掛けた「BON(ボン)にゃん」という活動歴10年の団体もある。ここで紹介できないのが残念だが、それはさておき来春、同市に誕生する「さぬき動物愛護センター」である。敷地は0・45ヘクタールで総工費4億3千万円。収容力は犬60匹、猫30匹。場所は「県立公渕(きんぶち)森林公園」の入り口付近。市中心部から車で約30分。高知で言えば県立春野総合運動公園の入り口付近の趣で、山奥ではなかった。

 規模がコンパクトなのは殺処分場がないからだ。「譲渡」と「啓発」に特化し、一般向け譲渡会を積極的に開くという。近年、各地で誕生している愛護センターはこの形態だ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会


ページトップへ