2018.12.03 14:33

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(42)節約家&餌やり好き

吉田文香さん(右端)の家からシェルターまでは車で40分。ボランティアの支援も受けて保護している。雪で通行止めになった時は一人で1週間泊まり込んで世話したことも(綾歌郡内)
吉田文香さん(右端)の家からシェルターまでは車で40分。ボランティアの支援も受けて保護している。雪で通行止めになった時は一人で1週間泊まり込んで世話したことも(綾歌郡内)
活動家も驚く県民性?
 来春、高松市にオープンする「さぬき動物愛護センター」を語る前に、地元の保護活動家が肌で感じている香川の県民性を紹介したい。それは「節約家」と「餌やり好き」だった。

 「アニマルスマイル香川」の吉田文香代表(48)は2015年6月、高松空港近くの山中に土地を借りてプレハブ2棟を建て、シェルターを立ち上げた。独自に保護した野犬の子や、保健所に入った問題犬を引き取り、常時40~50匹がいる。犬の譲渡数は年間約100匹。大半は子犬で、9割は四国外へ出る。老犬や病気犬は最期までみとっている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 助けて!わんにゃん社会社会


ページトップへ