2018.12.01 14:31

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(41)犬の殺処分大国

野良犬増の防止を呼び掛ける高松市保健所のポスター
野良犬増の防止を呼び掛ける高松市保健所のポスター
8年連続ワースト1
 愛媛、徳島も厳しい状態だったが、香川は飛び抜けており“殺処分大国”だった。環境省が11月に発表した2017年度データでは、犬の殺処分匹数は1711匹で5年連続全国ワースト1位。2位徳島(617匹)の2・8倍だった。収容匹数に対する殺処分率も約7割で、これは8年連続全国最悪だ。その理由を県生活衛生課の藤明(ふじめ)洋和課長補佐(獣医師)はこう話す。

 「気候が温暖で野犬が越冬しやすい上に、餌やりさんが多いんです。ねぐらがある山林と、人家の距離が結構近いため餌の確保が容易。栄養状態がいいから繁殖しやすい。捕まえても捕まえても減らないんです」

 徳島同様に餌やりさんが問題らしい。県土が日本一狭い上、平地が多く、人口も100万人だから野犬は少ないと思っていたら、逆だった。殺処分を減らすには譲渡の促進も不可欠だが、大半が野犬で難しいという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会


ページトップへ