2018.11.29 08:40

高知県土佐清水市で電飾イベント「天神バックストリート」

住民らが飾り付けたイルミネーション(土佐清水市天神町)
住民らが飾り付けたイルミネーション(土佐清水市天神町)
 高知県土佐清水市天神町の冬を彩るイルミネーションイベント「天神バックストリート 平成最後のイルミネーション 2018」が始まり、行き交う人々の目を楽しませている。点灯は毎日午後5~9時ごろで、来年1月3日まで。

 土佐清水市中心部の事業所などが協力して2002年に開始し、約200メートルの市道沿いの民家や商店を電飾で彩っていた。設置に手間暇掛かることなどから2014年にいったん休止したが、土佐清水市中心市街地協議会が昨年復活させた。

 今年は民家や商店など約15軒が協力し、23日から点灯。敷地内や壁をLED照明で彩った。近くの広場には一面の電飾に加え、クリスマスムード漂うゲート、サンタやトナカイのオブジェも設置した。

 住民が配線などを行い、電気代や電飾購入費も自腹だが、中心メンバーの笹本久美子さん(58)は「多くの人の力で続けている企画。市内外からたくさん訪れ、町が明るくなれば」と話した。(新田祐也)

カテゴリー: 社会幡多

ページトップへ