2018.11.26 14:35

新・鬼ごっこで遊ぼう!! 高知市で愛好会、体験イベントも

スポーツ鬼ごっこを楽しむ子どもたち。両チームの陣地に置かれた円筒形の宝を取り合う(高知市の丸ノ内緑地)
スポーツ鬼ごっこを楽しむ子どもたち。両チームの陣地に置かれた円筒形の宝を取り合う(高知市の丸ノ内緑地)
 鬼ごっこをチーム対抗戦にアレンジした「スポーツ鬼ごっこ」の愛好会が県内で立ち上がり、体験イベントが開かれている。代表者の山崎功一さん(57)は「体力向上やコミュニケーション能力の向上など可能性が広がるスポーツ。県内でもチームを作り、全国大会を目指したい」と話している。

 「スポーツ鬼ごっこ」は、一般社団法人「鬼ごっこ協会」(東京都)が普及を進める新競技。ドッジボールのようにセンターラインを引いたコートで7対7のチームに分かれ、互いの陣地にある「宝」を取り合う。年齢や運動能力にかかわらず取り組めるよう開発され、全国で競技人口は累計約51万人を超えるほどの人気。2012年から毎年全国大会も開かれている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ高知中央


ページトップへ