2018.11.25 08:35

土佐高バンド「ド根性ガールwithB」 軽音甲子園で全国優勝

演奏力、音楽性が高い評価
高知高も入賞

「とよさと軽音楽甲子園2018」で最優秀賞に輝いた土佐高の5人組バンド「ド根性ガールwithB」(24日午後、滋賀県豊郷町の旧豊郷小講堂=同バンド提供)
「とよさと軽音楽甲子園2018」で最優秀賞に輝いた土佐高の5人組バンド「ド根性ガールwithB」(24日午後、滋賀県豊郷町の旧豊郷小講堂=同バンド提供)
 “軽音の聖地”で土佐高V―。軽音楽部の女子高校生の日常を描いた人気アニメ「けいおん!」の舞台とされる滋賀県豊郷町石畑の豊郷小学校旧校舎群で11月24日に開かれた「とよさと軽音楽甲子園2018」で、土佐高の「ド根性ガールwithB」が最優秀賞に当たる文部科学大臣賞に輝いた。

 同甲子園は、アニメをきっかけに旧校舎群を訪れるファンが相次いだため、アニメや音楽の力で地域を活性化しようと、同町商工会が主催している。8回目の今年は音源で審査する滋賀県外から39校、県内の予選大会に36校の応募があった。

 決勝大会には、いずれも初出場の高知県勢2組を含む12組が出場。音源選考で「高校生バンドと言われなければ分からないような曲の完成度」と評価されていたド根性―は、「あいわんと」「ファンキーババアになりたくて」のオリジナル2曲で約350人の観客を圧倒した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能


ページトップへ