2018.11.25 08:35

高知県の北川村ユズ輸出協に特別賞 政府選定「農山漁村の宝」

単価、所得向上を評価
EUへの輸出に向け、消毒液に漬けられたユズ玉。一つ一つ手で拭いて箱詰めされる(高知県安芸郡北川村の土佐北川農園の作業場)
EUへの輸出に向け、消毒液に漬けられたユズ玉。一つ一つ手で拭いて箱詰めされる(高知県安芸郡北川村の土佐北川農園の作業場)
 地域独自の農林水産物や文化を生かした活性化の優良事例「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の特別賞に、高知県安芸郡北川村でユズ輸出に取り組む「北川村ゆず輸出促進協議会」(田所正弥会長)が輝いた。政府の有識者懇談会が選定した。世界で初めて欧州連合(EU)へのユズ玉輸出に取り組み、果汁を含めた販売単価向上、農家の収入増につなげたことなどが評価された。

 北川村ゆず輸出促進協議会は2009年に発足し、村やJA、生産者、加工会社「北川村ゆず王国」などで構成。12年、検疫条件や農薬基準をクリアし、ユズ玉を欧州に輸出したほか、フランスでの見本市開催などで販路開拓に努めている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要政治・経済安芸


ページトップへ