2018.11.24 14:35

高知大学恒例の「室戸貫歩」がスタート 高知市

室戸岬目指し400人
室戸岬に向けてスタートを切る参加者(24日午前、高知市の高知大朝倉キャンパス)
室戸岬に向けてスタートを切る参加者(24日午前、高知市の高知大朝倉キャンパス)
 高知大学の恒例行事「室戸貫歩」が24日始まった。参加者408人が高知市曙町2丁目の同大朝倉キャンパスを出発し、約90キロ離れたゴールの室戸岬を目指し夜を徹し歩く。

 同大空手道部の部内行事として始まり58回目。近年はウオーキング愛好家ら学外の参加が増え、今回も一般参加者が学生の1・3倍ほどを占める。

 午前9時の出発前には、正門を入った一帯はウインドブレーカーやマフラー姿の参加者でいっぱいに。ストレッチをしたり、仲間と「絶対歩ききろう」と約束したりする光景が見られた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央室戸


ページトップへ