2018.11.24 14:35

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(35)イヌネコライフネットワークえひめ

「犬猫助け」は「人助け」
松山市保健所に収容された犬の写真をスマホで撮る中野成人さん=左(松山市二番町)
松山市保健所に収容された犬の写真をスマホで撮る中野成人さん=左(松山市二番町)
 情報発信に徹したユニークな愛護活動家を松山市で見つけた。市保健所に収容された動物を写真に撮り、「こんな犬と子猫が入ってます」とフェイスブック(FB)で紹介するのだ。保健所のホームページより拡散が速いため効果は抜群らしい。

 「NPOイヌネコライフネットワークえひめ」の中野成人(なりと)代表(63)と待ち合わせたのは収容所。7匹が檻(おり)の中にいた。

 その中の1匹は2度目の収容で、前回は5年前。本当ならこの日朝、期限切れで愛媛県動物愛護センターへ送られ殺処分の予定だったが、中野さんのFBを見た人が夜中にメールをくれた。「この犬、何年か前にも保護されてない?」。調べると大正解。中野さんは朝一番で保健所に電話し、ストップをかけたのだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会


ページトップへ