2018.11.24 08:33

カシオゴルフ第2日 浅地、嘉数ら4人首位 石川28位、片岡44位

通算7アンダーで首位を守った浅地洋佑のアプローチ(黒潮CC=島本正人撮影)
通算7アンダーで首位を守った浅地洋佑のアプローチ(黒潮CC=島本正人撮影)
嘉数光倫のティーショット(黒潮CC=島本正人撮影)
嘉数光倫のティーショット(黒潮CC=島本正人撮影)
 カシオワールドオープン第2日は11月23日、黒潮カントリークラブ(CC)(7335ヤード、パー72=観客3523人)で、アマチュア6人を含む108選手が予選第2ラウンドを行った。首位でスタートした浅地洋佑と嘉数光倫、4位スタートの崔虎星(チェホソン)とS・ストレンジの4人が通算137でトップに並んだ。ホストプロの石川遼はスコアを三つ落とし通算143の28位。高知市出身の片岡大育はスコアを一つ落とし同145の44位。通算2オーバー、55位タイまでの62人が決勝ラウンドに進んだ。

 賞金ランキングトップで初日首位だった今平周吾は、この日3オーバーの通算141で14位。前回優勝のS・ハンは2アンダーで21位に上げた。小田孔明、池田勇太は片岡と並んで44位となった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ


ページトップへ