2018.11.23 08:34

石川遼は暫定7位発進 高知の黒潮CCでカシオワールドオープン

初日、4アンダー発進した石川遼の10番ティーショット(黒潮CC=飯野浩和撮影)
初日、4アンダー発進した石川遼の10番ティーショット(黒潮CC=飯野浩和撮影)
 ゴルフのカシオワールドオープン第1日は22日、高知県の黒潮カントリークラブ(CC)(7335ヤード、パー72=観客数1494人)でアマチュア6人を含む108選手が予選第1ラウンドを行った。雨で開始が遅れたため、日没で12人がホールアウトできなかった。

 ホストプロの石川遼は68をマークして暫定7位。賞金ランキングトップの今平周吾は浅地洋佑、嘉数光倫とともに66で暫定首位。1打差の暫定4位にS・ストレンジら3人が並び、昨年優勝のS・ハンが71で暫定38位。賞金ランク2位のS・ノリスは暫定91位と大きく出遅れた。

 高知市出身の片岡大育と、高知県勢の前田紘成(土佐CC)はともに72の暫定52位。八木敦士(黒潮)は73で暫定65位。弘井太郎(黒潮)は競技を終えられず、2ホールを残し1オーバー。

 23日は午前7時20分から予選第1ラウンドの残りを行う。第2ラウンドはアウト(10番)が午前8時40分、イン(1番)が午前8時45分にスタートする予定。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ


ページトップへ