2018.11.22 14:38

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(34)「ひかりと希望」

難しい犬を救うため、自宅前に大きなシェルターを造った金本ひかりさん(松山市内)
難しい犬を救うため、自宅前に大きなシェルターを造った金本ひかりさん(松山市内)
第3部 愛媛編(4)もの言えぬ犬に自分重ね
 松山市の保護犬団体「ひかりと希望」の金本ひかり代表(40)は昨年5月、なんと住宅街の中にある自宅の庭に、大きなシェルターを造ってしまった。全くの予定外。その経緯はこうだ。

 おととしの12月、家から少し離れた畑地の中にある倉庫を借り、そこを保護犬シェルターにする計画を立てた。クラウドファンディングで資金100万円を集めることに成功したのだが、近所から反対の声が上がり暗礁に。寄付を集めているので中止はできない。「使い込んだのでは」と批判も出始めたことから、窮余の策で家の前に建てたのだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会


ページトップへ