2018.11.22 08:25

ツイッター漫画から単行本「けもらいふ」 高知県の雪本愁二さん

仕事場で作画に使うパソコンの前に座る雪本愁二さん(香南市赤岡町の自宅)
仕事場で作画に使うパソコンの前に座る雪本愁二さん(香南市赤岡町の自宅)
講談社から11/22発売
 人間と同じ大きさの小鳥の「ピーちゃん」に、女の子の頭の上でくつろぎ続けるシバイヌ「ペス」―。ちょっと変わった動物たちのくすっと笑える漫画をツイッターに投稿し、5万人以上のフォロワーを集める漫画家が高知県香南市赤岡町にいる。雪本愁二さん(42)=ペンネーム。キャラクターの愛らしさが編集者の目に留まり、投稿漫画と描き下ろし計約90話を収録した単行本「けもらいふ」(講談社・KCデラックス)が22日に出版される。

単行本収録エピソード
単行本収録エピソード
 「漫画は小学生から描いてました。世界観や登場人物が魅力的で、『らんま1/2』はよく読んでましたね」

「けもらいふ」の表紙
「けもらいふ」の表紙
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能香長


ページトップへ