2018.11.22 08:40

光のアートが高知城包む 「チームラボ」演出 11/22夜から

卵形の造形物の動きに合わせて周囲の色が変わる作品(21日夜、高知城=島本正人撮影)
卵形の造形物の動きに合わせて周囲の色が変わる作品(21日夜、高知城=島本正人撮影)

 世界的に活躍するデジタルアート集団「チームラボ」が22日から夜の高知城で光のイベントを繰り広げる。関係者を対象に21日開かれたお披露目会。卵形の造形物に埋め尽くされた空間が、近未来的な光に包まれた。「志国高知 幕末維新博」の特別企画で、来年1月6日まで。

 「チームラボ」は光や映像を使った作品を国内外で展開。東京・お台場などに今夏開館した展示場は人気スポットになっている。

 「高知城 光の祭」と銘打ち、夜の高知城を彩る。三の丸と二の丸を埋め尽くす卵形の造形物は、揺らすと木琴のような音。その動きに呼応して変化する木々の色。映像が投影された石垣。天守閣周辺がまるごと「チームラボ」の世界観にのみ込まれる。

 期間中は無休で、午後5時半~9時半。三の丸入り口にチケット売り場がある(大人1500円、中高生900円、小学生500円)。(今川彩香)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能幕末維新博高知中央観光


ページトップへ