2018.11.21 08:41

高知県の美馬さんが京都・南座に祝幕 松本幸四郎さんら襲名で

美馬勇作さん(右)が贈った楽屋のれんの前に立つ松本幸四郎さん
美馬勇作さん(右)が贈った楽屋のれんの前に立つ松本幸四郎さん
松本幸四郎さんらの3代襲名に贈られた祝幕(京都市東山区の南座=松竹提供)
松本幸四郎さんらの3代襲名に贈られた祝幕(京都市東山区の南座=松竹提供)
顔見世興行に花
 歌舞伎俳優・松本幸四郎さんら親子3代の襲名披露として南座(京都市東山区)で11月25日まで行われている「吉例顔見世興行」に、高知市で呉服店を経営する美馬勇作さん(47)=高知県高岡郡四万十町=が贈った「祝幕(いわいまく)」が使われている。幸四郎さんと長年親交を深めてきた美馬さんが「これまでの恩返しを」と温めてきた思いが実現。2年9カ月ぶりに新開場した劇場に花を添えている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要文化・芸能


ページトップへ