2018.11.20 15:20

企画展「郷土玩具にみる明治のおもかげ」

 高知県立歴史民俗資料館(公益財団法人高知県文化財団)の主催。当館蔵の山﨑茂氏と城田政治氏のコレクションを中心に、明治のおもかげを残す郷土玩具を展示します。郷土玩具には、明治時代の乗り物や風俗をかたどったものがあります。また、倉敷張り子(岡山県)や弓野士人形(佐賀県)など、明治期に作られはじめたという郷土玩具が各地に伝えられいます。高知県では、戊辰戦争に従事した人が東京で首振り張り子をみて相合傘のよさこい人形を着想しました。本展では、素朴でかわいい郷土玩具を楽しんでいただくとともに、郷土玩具から垣間みえる明治時代の社会の様子や文化的な雰囲気を紹介します。
開催日 平成31年1月2日~3月24日
場所 高知県立歴史民俗資料館(南国市岡豊町八幡)1F企画展示室
時間 9時~17時
入場料・参加料 大人(18歳以上)510円、団体(20名以上)410円
高校生以下と各種手帳保持者は無料
カテゴリー: 見に行く


ページトップへ