2018.11.20 14:30

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(32)「えひめイヌ・ネコの会」

第3部 愛媛編(2) 活動24年 次元が違う
高岸ちはりさん(右から2人目)らが2016年春から運営する保護猫カフェ「ひめねこ」。家族探しの場も兼ねている(松山市東野)
高岸ちはりさん(右から2人目)らが2016年春から運営する保護猫カフェ「ひめねこ」。家族探しの場も兼ねている(松山市東野)
 24年の歴史を持つ認定NPO法人「えひめイヌ・ネコの会」=松山市、高岸ちはり代表(66)=は次元が違っていた。数あるNPO法人の中でも、「認定」は少ない。活動の質や収支の透明性が厳しく問われるためハードルは高いが、税制面でも厚遇で社会的信用も高い。四国の犬猫愛護団体の中では唯一である。

 正会員48人、賛助会員も165人で組織力がある。多頭飼育崩壊で数十匹がピンチになった時も行政と協力しあって、問題を解決してきた。6年前までは毎日曜日、伊予鉄道・松山市駅前広場で青空譲渡会を開催。これまで約6千匹の命をつないでいる。今は郊外で保護猫カフェを運営。隣接の敷地で日曜ごとに譲渡会も開く。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会


ページトップへ