2018.11.18 08:33

高知県の片坂バイパス 一般通行始まる「直線続き運転安心」

黒潮拳ノ川ICでは、走り初めを楽しんだ車が数珠つなぎになった (17日午後、黒潮町拳ノ川=島本正人撮影)
黒潮拳ノ川ICでは、走り初めを楽しんだ車が数珠つなぎになった (17日午後、黒潮町拳ノ川=島本正人撮影)
 高知県の四万十町西インターチェンジ(IC)と黒潮拳ノ川ICを結ぶ高規格道路「片坂バイパス」(高岡郡四万十町金上野―幡多郡黒潮町拳ノ川、6・1キロ)で11月17日午後4時から一般通行が始まった。

一般通行が始まった「片坂バイパス」。多くの車が走り初めに訪れた(17日午後、黒潮町拳ノ川付近=島本正人撮影)
一般通行が始まった「片坂バイパス」。多くの車が走り初めに訪れた(17日午後、黒潮町拳ノ川付近=島本正人撮影)
 高知県西部最後の難所を克服する新しい道には、開通を心待ちにした地元住民や観光客の車が次から次へ。山地を貫く真っすぐな道の走り心地を確かめた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要政治・経済


ページトップへ