2018.11.17 08:35

東京築地の「さかな屋 高知家」が苦戦 客足減、PR強化へ

豊洲市場移転1カ月
以前より来客が減っている「さかな屋 高知家」(東京・築地)
以前より来客が減っている「さかな屋 高知家」(東京・築地)
 東京都中央区の築地市場が、江東区の豊洲市場に移転して約1カ月。旧市場に隣接する「築地場外市場」で高知直送の鮮魚などを販売する「さかな屋 高知家」が苦戦している。豊洲移転により平日を中心に観光客が減少。関係者は「今も築地で多くの店が営業していることを発信していきたい」と躍起になっている。

 場外市場は飲食店や魚、乾物などの約460店舗が並ぶ人気スポット。さかな屋は2014年10月に開業した産直施設「築地にっぽん漁港市場」の一角にあり、タカシン水産(高知市)と与力水産(宿毛市)、県漁協、すくも湾漁協が共同で出店。県は賃貸料(月額22万円)を2017年度まで一部補助していた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央幡多


ページトップへ