2018.11.14 08:32

明神水産勢の一本釣り漁獲高が7年連続でトップ 高知県黒潮町

近海一本釣り漁で日本一となった第123佐賀明神丸(4月25日、黒潮町の佐賀漁港=明神水産提供)
近海一本釣り漁で日本一となった第123佐賀明神丸(4月25日、黒潮町の佐賀漁港=明神水産提供)
今年は「第123」
 明神水産(高知県幡多郡黒潮町)が所有する近海一本釣り船「第123佐賀明神丸」(224トン)の今年のカツオ、マグロ類の漁獲高が約5億2千万円で日本一となることが13日までに確実となった。明神水産によると、「第123佐賀明神丸」の1位は2012年以来。明神水産勢は、2013年から5年連続で日本一の「第83佐賀明神丸」(149トン)を含め、7年連続でトップを守っている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済幡多


ページトップへ