2018.11.13 08:35

高知高校出身・二神さん阪神広報で奮闘 矢野新監督の専属に

阪神・矢野燿大監督=右=のサインに付き添う二神一人さん(安芸球場)
阪神・矢野燿大監督=右=のサインに付き添う二神一人さん(安芸球場)
「新監督は人格者 支え続ける」
 ドラフト1位で阪神に入団し、2016年に引退した高知県大月町出身の二神一人さん(31)が、球団広報として奮闘している。今秋からは矢野燿大新監督の専属となり、マネジャーの役割も担っている。「監督が気持ちよく業務に取り組めるようサポートするのが僕の仕事」。人気球団の裏方に徹しながら、安芸キャンプではマスコミなどの取材対応に追われている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ土佐路の球音主要スポーツ


ページトップへ