2018.11.12 08:31

第69回高新中学駅伝・男子 中村が22年ぶり優勝 圧勝、区間賞4

22年ぶり優勝のゴールに飛び込む男子中村のアンカー、岸本遼太郎選手(11日午後、高知市の春野陸上競技場=島本正人撮影)
22年ぶり優勝のゴールに飛び込む男子中村のアンカー、岸本遼太郎選手(11日午後、高知市の春野陸上競技場=島本正人撮影)
区間賞の走りで流れをつくった中村1区江口誠悟=左(春野運動公園=島本正人撮影)
区間賞の走りで流れをつくった中村1区江口誠悟=左(春野運動公園=島本正人撮影)
 第69回高新中学駅伝競走大会(高知陸協、県中体連、高知新聞社主催)は11月11日、高知市の春野運動公園周回コースで行われ、男子は中村中学が22年ぶり4度目の優勝を果たした。中村中学校は全国中学駅伝(12月16日・滋賀県)に出場する。

22年ぶりの優勝を果たした男子・中村(春野運動公園=島本正人撮影)
22年ぶりの優勝を果たした男子・中村(春野運動公園=島本正人撮影)
 地区予選を勝ち抜いた男女30校ずつが出場。男子(6区間18キロ)の中村は4区間で区間賞を取り、8連覇中の香我美を破って57分24秒でゴールした。9連覇を狙った香我美は2位、3位には香長が入った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ高知中央


ページトップへ