2018.11.12 08:32

カツオ文化の日本遺産を目指し 高知県中土佐町でシンポジウム

カツオ文化の日本遺産認定に向け意見を交わしたパネル討論(中土佐町の町立文化館)
カツオ文化の日本遺産認定に向け意見を交わしたパネル討論(中土佐町の町立文化館)
生活の「源」守り残す
 高知カツオ県民会議とカツオ文化日本遺産認定推進ワーキンググループは11月11日、高岡郡中土佐町久礼で「カツオ文化日本遺産を目指して」と題するシンポジウムを開き、「カツオは漁村の生活の源。その文化を50年後、100年後までも残そう」と機運を盛り上げた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会カツオ県民会議高幡社会


ページトップへ