2018.11.11 08:35

高知県内で死亡事故多発 県警が取り締まり強化など緊急対策

【参考写真】9月、土佐市で女性が死亡した事故現場
【参考写真】9月、土佐市で女性が死亡した事故現場
 高知県内の交通死亡事故が9日までの7日間に3件発生したことを受け、県警は11日午前9時から48時間の「スクランブル交通対策」を行う。事故防止に向けた街頭活動や交通違反の取り締まりを強化する。
 
 県警によると、10日午後10時時点で今年の交通事故死者は23人(昨年同期比2人減)。このうち高齢者の犠牲が16人(同1人増)と全体の半数以上を占めている。
 
 期間中は幹線道路を中心に速度違反やシートベルト着用義務違反の取り締まりを実施するほか、横断中の事故が増えていることを受け、歩行者保護を目的にした交差点での取り締まりも強化する。

カテゴリー: 社会


ページトップへ