2018.11.09 18:10

超小型衛星「ひろがり」宇宙へ。宇宙で日本古来の技術の実証実験に挑む!

2018年11月9日

国立大学法人室蘭工業大学

目標150万円!クラウドファンディングを活用して、超小型衛星を打ち上げ、
宇宙で日本古来の技術の実証実験に挑む!

国立大学法人室蘭工業大学(所在地:北海道室蘭市 学長:空閑 良壽)航空宇宙機システム研究センター(センター長:内海政春教授)では、大阪府立大学小型宇宙機システム研究センターと共同で開発を進めているプロジェクトについて、宇宙に打ち上げるフライト品の設計・製作費用に充てるため、クラウドファンディングサービス「Readyfor(運営:READYFOR株式会社)」において、12月25日(火)を期日に、150万円を目標とした寄附募集を行います。

■プロジェクト内容
宇宙により大きなものを運ぶためには、大きいものを小さくたたんで打上げ、宇宙で大きく広げるという技術が必須となります。
本学では、数年前から日本古来の技術である「折り紙工学」を用いて宇宙構造物を小さく折りたたみ、宇宙空間で展開させる研究を進めてまいりました。
今回のプロジェクトでは、宇宙での太陽光発電の実現や気象観測の精度の向上等、環境問題の解決や人類の生活の向上につなげるべく、本学で製作する展開構造物を超小型衛星「ひろがり」に搭載して宇宙ステーションへ打ち上げます。さらに宇宙ステーションから「ひろがり」を宇宙空間に放出して、実証実験を実施いたします。

■プロジェクトについて
・プロジェクトタイトル:「日本の伝統工学が日本の未来をつくる技術に。宇宙工学の歴史的一歩へ!」
・URL:https://readyfor.jp/projects/muroran-hirogari
・目標金額:1,500,000円
・募集期間:2018年11月12日(月)10時~2018年12月25日(火)
※期間内に目標金額に達しなかった場合は支援者に全額返金となります。
※本プロジェクトは寄附控除の対象となります。



【業種】:大学

【URL】:https://kyodonewsprwire.jp/release/201811090158
カテゴリー: プレスリリース


ページトップへ