2018.11.08 08:35

高知県内ふるさと納税106億円 返礼品充実で1.4倍 2017年度

 希望する自治体に個人が寄付をすると税金が軽減される「ふるさと納税」制度で、高知県内の34市町村が寄付を受けた総額が、2017年度に初めて100億円を突破した。前年度比約1・4倍の106億5860万円。件数も65万6765件で約1・4倍だった。県の担当者は「寄付者に贈る返礼品の充実やインターネットサイトを積極的に活用する市町村がさらに増えた」としている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ