2018.11.06 08:35

高知発のクローバー人気 高知市の見元園芸が開発

多葉、色鮮やかな葉も
多彩な花を育てる見元一夫社長(高知市春野町弘岡上)
多彩な花を育てる見元一夫社長(高知市春野町弘岡上)
 花の苗の育種開発などを手掛ける見元園芸(高知市春野町弘岡上、見元一夫社長)が、オリジナル品種のクローバーで売り上げを伸ばしている。新品種を毎年披露し、主力のビオラに次ぐ柱に育ちつつある。

出荷間近のクローバー。葉の形や色もさまざま(高知市春野町弘岡上)
出荷間近のクローバー。葉の形や色もさまざま(高知市春野町弘岡上)
 見元社長は、もともとショウガやピーマン、メロンを生産していた。25年ほど前に農協のイベントでパンジーを販売したことをきっかけに、花の栽培に興味を持ち、ビオラなどの品種改良に取り組むようになった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会政治・経済環境・科学高知中央


ページトップへ