2018.11.05 08:40

高知県須崎市議に15人決まる、新人1人が涙 投票率最低

 任期満了に伴う高知県須崎市議選(定数15)は4日投開票され全議席が決まった。現職11人全員と元職1人、新人3人が当選し、新人1人が涙をのんだ。投票率は60%を割り、56・53%。過去最低だった2010年選挙(61・49%)を4・96ポイント下回った。任期は13日から4年間。
 
 今回選挙から定数は1減。当選者の党派別内訳は共産3人、公明と社民が各1人、他は無所属。共産は1議席増やした。地区別では多ノ郷5人、須崎3人、吾桑と上分が各2人、安和、浦ノ内、野見が各1人。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ