2018.11.04 08:34

四国秋季高校野球 第3日 高知商 センバツ厳しく

高松商に大敗4―10
 第71回秋季四国地区高校野球大会第3日は3日、レクザムスタジアムで準決勝2試合を行った。高知1位の高知商は高松商(香川1位)に4―10で大敗した。来春のセンバツ出場枠は四国と中国地方で合わせて5つで、高知商は決勝に進めなかったため、来春のセンバツ出場権獲得は非常に厳しくなった。
 
 高知商は三、四回に1点ずつ失い、1―2とリードされる。五回には2番手真城が長短8安打を浴びて7失点。大きくリードを許すと、その後の反撃は3点止まりで、最後まで劣勢を覆せなかった。
 
 もう1試合の富岡西(徳島3位)―松山聖陵(愛媛3位)は、松山聖陵が5―3で勝ち、初の決勝進出を果たした。
 
 最終日の決勝は4日、別表の通り、行われる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ秋季高校野球スポーツ


ページトップへ