2018.11.03 08:36

自民、決まらぬ合区候補 徳島・高知両県連譲らず膠着 

野党統一 具体化至らず
 来年7月に任期満了を迎える参院選で、与野党とも合区が継続する徳島・高知選挙区の候補が決まらず、戦いの構図が固まらない状態が続いている。自民は改選を迎える現職2人をそれぞれの地元県連が推して譲らず、膠着(こうちゃく)状態。両県の野党勢も統一候補として複数名が挙がるものの、具体化には至っていない。

■急がない?
 「円満合意にはもう少し時間がかかる」。2日、自民党本部への中間報告を終えた後、取材に応じた高知県連の中谷元会長は、調整を慎重に進める姿勢を崩さなかった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ