2018.11.03 08:35

来夏参院選 自民党、徳島・高知選挙区の調整難航

徳島・高知両県連で協議継続
 来夏の参院選へ徳島・高知選挙区の公認候補選びを進めている自民党の高知、徳島両県連の幹部が2日、東京・永田町の党本部で二階俊博幹事長らに中間報告を行った。両県連がそれぞれ現職の合区選挙区出馬を主張して調整は難航しており、協議を継続することを確認した。

 両県連は、高知区の高野光二郎氏と、徳島区の三木亨氏=いずれも1期=のどちらが合区選挙区で立つかを調整している。出馬できない方は改正公職選挙法で導入された比例代表の「特定枠」で擁立する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ