2018.11.03 08:35

海洋堂社長の「お宝模型展」 11/3から 高知県のホビー館四万十

1964年の東京五輪に合わせて発売された「国立競技場」模型(四万十町の海洋堂ホビー館四万十)
1964年の東京五輪に合わせて発売された「国立競技場」模型(四万十町の海洋堂ホビー館四万十)
国産プラモ60年記念
 国産プラモデルの誕生60年を記念した大展示会が3日から、高知県高岡郡四万十町打井川の海洋堂ホビー館四万十で開かれる。海洋堂の宮脇修一社長(61)が「どやっ、こんなモケイ知らんやろ?」と題し、約4万点のコレクションから約千点を出展している。2019年2月11日まで。
 
組み立てが「至難の業」という北海油田模型(四万十町の海洋堂ホビー館四万十)
組み立てが「至難の業」という北海油田模型(四万十町の海洋堂ホビー館四万十)
 国産プラモは1958年から販売された。同社は6年後、修一社長の小学校入学を機に、父親の修さん(90)=旧幡多郡大方町出身=が創業した模型店から始まった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会海洋堂文化高幡


ページトップへ