2018.11.01 08:40

特産シャモでうどんだし 高知県南国市に11/1開店

ごめんシャモ研究会・宗我部さん考案
目玉メニューのシャモだしうどんを紹介する宗我部恭久さん(南国市篠原)
目玉メニューのシャモだしうどんを紹介する宗我部恭久さん(南国市篠原)
 黄金色のシャモだし、うどんでどうぞ―。高知県南国市でシャモを育て、産地化を進めている企業組合「ごめんシャモ研究会」の会員が、シャモのガラを煮込んだスープのうどんを考案し、11月1日に南国市篠原に店をオープンする。目玉メニューはコラーゲンたっぷりで「店を増やし、ごめんとシャモの名を広めたい」と意気込んでいる。

1日にオープンする「セルフうどん ごめん」(南国市篠原)
1日にオープンする「セルフうどん ごめん」(南国市篠原)
 南国市篠原の「セルフうどん ごめん」。シャモ研理事の宗我部恭久さん(38)が社長を務める「TOSAMONダイニング」が約3千万円を投じ、南国市役所西側の国道195号沿いに開いた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会香長


ページトップへ