2018.10.31 08:31

高知県仁淀川町で11/3に自然再生シンポジウム

 高知県仁淀川町土居甲の池川コミュニティセンターで11月3日午後2時から、シンポジウム「荒瀬ダム撤去に学ぶ―自然再生と地域活性化―」が開かれる。
 
 「仁淀川の“緑と清流”を再生する会」の主催。今春、国内初の本格的なダム撤去が完了した熊本県の県営荒瀬ダムがあった球磨川流域で地域おこしに取り組む溝口隼平さんが、撤去までの経過や撤去後の川の変化などについて語る。
 
 参加無料。問い合わせ「仁淀川の“緑と清流”を再生する会」事務局(090・1576・3132)へ。

カテゴリー: 環境・科学高吾北


ページトップへ