2018.10.30 08:35

高知城歴史博物館の免震構造学ぶ 11月4日見学会

 高知市追手筋2丁目の県立高知城歴史博物館で11月4日、高知城歴史博物館の建物の機能や免震構造を学ぶ建築見学会が開かれる。

 高知城歴史博物館は、総事業費約58億円をかけて昨年3月にオープン。建築関係者の評価も高く、照明普及賞や日本漆喰協会作品賞、BCS賞を受賞している。

 油圧機器メーカーKYBによる免震・制振装置のデータ改ざん問題では、不正品と同型のKYBの子会社製品の免震用オイルダンパー4基が高知城歴史博物館に設置されていることが判明。高知城歴史博物館が「改めて建物の免震構造を知ってもらいたい」と見学会を企画した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知中央高知のニュース

ページトップへ