2018.10.26 08:31

高知県立歴史民俗資料館で企画展関連講演 10/28から計3回

 高知県南国市岡豊町の高知県立歴史民俗資料館で開催中の企画展「維新が変えた庶民のくらし-絵馬や民具から読み解く高知の近代-」の関連講演などが行われる。

 高知県立歴史民俗資料館学芸員による講座は10月28日に「福岡県大演習絵馬を読み解く」、11月4日に「絵馬に見る明治維新後の庶民文化」。12月2日には元神奈川大学教授、香月洋一郎氏が「土佐の民具に見る時代と社会」と題して講演する。

 いずれも午後2時から。講演は入場無料(観覧券が必要)だが、事前申し込みが必要。各回定員130人(先着)。申し込み、問い合わせは、高知県立歴史民俗資料館(088・862・2211)へ。

カテゴリー: 文化・芸能香長


ページトップへ