2018.10.25 08:32

高知の龍馬記念館で10/25から特別展 有害物質減で基準クリア

報道向けの内覧会が開かれた特別展の会場 (高知市の県立坂本龍馬記念館)
報道向けの内覧会が開かれた特別展の会場 (高知市の県立坂本龍馬記念館)
 坂本龍馬の関係史料を一堂に展示する特別展「龍馬―真物から感じる龍馬の魂―」が10月25日から、高知市浦戸の県立坂本龍馬記念館で始まる。懸念されていた移動式展示ケース内の有害物質の濃度が基準値を下回り、県内史料を中心に約90点の展示が可能になった。

 県立坂本龍馬記念館新館は昨年12月に完成し、4月にオープン。史料を劣化させる可能性のある有害物質の展示ケース内の濃度を下げるため「枯らし期間」を置くなど対策をしてきたが、環境調査で基準値を上回る数値を記録。特別展で予定していた京都国立博物館所蔵の龍馬書状など国の重要文化財の借用を断念していた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能坂本龍馬文化


ページトップへ