2018.10.24 08:35

豆腐店70周年とうふまつり盛況 高知県東洋町で10/27も開催

創業70周年記念として開かれた「とうふまつり」。27日にも行われる(東洋町河内)
創業70周年記念として開かれた「とうふまつり」。27日にも行われる(東洋町河内)
限定料理や詰め放題
 高知県安芸郡東洋町河内で自家製豆腐などを手掛ける「広田食品」が今月で創業70周年を迎え、このほど「とうふまつり」を開いた。限定料理の提供や豆腐の詰め放題などがあり、27日も開催される。

 店主の蛭子(えびす)かよさん(51)によると「出来たてのおいしさを味わってほしい」と、2014年から毎週土曜の2時間、店先で「のきした豆腐カフェ」を開催。あつあつの厚揚げや工夫を凝らした豆腐料理が人気を広げている。

 とうふまつりは、カフェに合わせて20日に実施した。たるに詰まった豆腐を自由にすくえる「すくい豆腐」のほか、豆乳のだしにピリ辛の肉みそが入った「手打ち豆乳坦々うどん」をそれぞれ1杯100円で販売。パック詰めの豆腐をビニール袋に入れ放題のサービスも500円で行った。

 初日は町内外から大勢の客が訪れ「おいしい」「おかわり」と出来たての味を満喫。27日も午前11時~午後1時、カフェに合わせて開催する。蛭子さんは「これからも良いものをつくっていきたい」と意欲を新たにしている。

 問い合わせは蛭子さん(090・5912・3096)へ。(馬場隼)

カテゴリー: 社会室戸


ページトップへ