2018.10.19 08:35

片坂バイパス11/17開通 高知県の四万十町西IC-黒潮拳ノ川IC

 国土交通省中村河川国道事務所は10月18日、高知県高岡郡四万十町金上野―幡多郡黒潮町拳ノ川間を結ぶ高規格道路「片坂バイパス」(6・1キロ)が11月17日に開通する、と発表した。焼坂や久礼坂が高知自動車道の開通で克服された現在、片坂は県西部で最後に残った交通難所。開通後は幡多地域へのアクセスが向上し、南海トラフ地震など災害時の緊急輸送道路としての機能も期待される。

 中村河川国道事務所によると、四万十町西インターチェンジ(IC)と黒潮拳ノ川ICを結ぶ片坂バイパスは、高知自動車道を延伸する「窪川佐賀道路」(四万十町中央IC―黒潮佐賀IC、17・3キロ)の中央部分。総事業費250億円で2005年に事業着手された。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済幡多高幡


ページトップへ