2018.10.17 08:20

高知県香美市物部の「一里塚」化粧直し 18年前の制作仲間協力

ムササビをかたどった一里塚を補修する山岡良仁さん(右奥)ら=香美市物部町
ムササビをかたどった一里塚を補修する山岡良仁さん(右奥)ら=香美市物部町
 高知県香美市物部町の「一里塚」として親しまれているオブジェが老朽化したため、制作者らがこのほど補修作業に汗を流した。地元の特産などをかたどり、2000~01年にかけて設置した11基。初めての化粧直しで、紅葉狩りに訪れる観光客の“案内役”として改めて注目されそうだ。
 
 一里塚は台座を含め高さ約1・5メートル。ユズやムササビ、紅葉したモミジなどのデザインは地域の当時の小中高生や住民が考えた。県展彫刻無鑑査の山岡良仁・元大栃小校長(69)が高知大生らと、セメントを型枠に流し込み制作した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能香長


ページトップへ