2018.10.16 14:35

第72回県展 シリーズ 高校生奮闘 「嫌い」が「好き」に反転!?

褒状作品「スキキライ」を紹介する池田悠さん(高知市の県立美術館)
褒状作品「スキキライ」を紹介する池田悠さん(高知市の県立美術館)
作品「スキキライ」の裏側。「嫌」のはんこを押したら「好」と写ることを表現した
作品「スキキライ」の裏側。「嫌」のはんこを押したら「好」と写ることを表現した
先端美術褒状の池田さん(高知工業高校)
はんこ題材 ユニーク造形
 「嫌よ嫌よも好きのうち」「好きも嫌いも紙一重」…。好き嫌いにまつわる慣用句はいくつかあるが、10月21日まで開催中の第72回県展先端美術部門(高知市高須の県立美術館)には、はんこをモチーフに揺れ動く感情を巧みに表現した作品が展示されている。作者は高知工業高校3年の池田悠さん。「スキキライ」と題した作品で見事褒状に輝いた。池田さんは「文字が反転して逆になるはんこの特性を生かして、『嫌い』を逆の意味の『好き』に変換してみた」と明るく語った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能県展文化


ページトップへ