2018.10.15 08:31

四国秋季高校野球高知県予選 高知商業が13年ぶり26度目優勝

明徳が第3代表
 第71回秋季四国地区高校野球大会高知県予選最終日は14日、春野球場で決勝と3位決定戦を行った。決勝は高知商業が高知に8―2で勝ち、13年ぶり26度目の優勝を果たした。3位決定戦は明徳義塾が土佐を8―3で下し、6年連続29度目の四国大会(10月27日開幕・香川県)出場を決めた。
 
 高知商業は毎回の計17安打で8点を奪うと、先発真城が2失点で完投した。明徳は3―3の六回、古沢や安田の適時打などで5得点し、勝負を決めた。
 
 四国大会は各県3校ずつの計12校が出場。組み合わせ抽選会は23日に香川県で行われる。
 
◆10月14日の結果
 ▽3位決定戦
 明徳8―3土佐
 ▽決勝 
 高知商業8―2高知...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要スポーツ秋季高校野球スポーツ


ページトップへ