2018.10.14 08:40

高知大病院の駐車場有料化、患者100円に戸惑い 迷惑駐車対策

病院入り口に設けられたゲート。岡豊キャンパスの駐車場全てに設けられた(南国市の高知大医学部付属病院)
病院入り口に設けられたゲート。岡豊キャンパスの駐車場全てに設けられた(南国市の高知大医学部付属病院)
 高知大学医学部付属病院(高知県南国市岡豊町小蓮)が今月から一般利用の駐車場を有料にしている。外来患者が1回100円、見舞客が1時間200円(いずれも30分間は無料)。利用者からは「車しか交通手段がないような立地でお金を取る?」と戸惑いの声も。大学によると迷惑駐車対策などが目的といい、「患者さんたちに負担をかけることになるがご理解を」と呼び掛けている。
 
 駐車場は病院施設の南側に平面であり、これまで利用者は2カ所から自由に出入り、駐車することができた。有料化に当たり、この出入り口にゲートを設置。利用者が入り口の発券機で整理券を受け取り、帰りに出口で精算するシステムにした。駐車スペースは400台から600台に拡充した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース香長


ページトップへ